WordPress Popular Posts を使用してみました

WordPress

自身のサイトのビュー数を表示してビュー数の順でランキング表示ができるWordPressのプラグイン です。どんな記事がよく見られている記事かピックアップして紹介することができます。

WordPress Popular Postsのプラグインをインストールする

新規インストールからWordPress Popular Postsを検索します。

インストールした後は、
設定>WordPress Popular Posts
から詳細設定ができます。

確認できる画面

統計情報

統計情報が表示されました。
今日、24時間、7日、30日、カスタム
閲覧数、コメント数、今人気、Half of Fame、で表示設定できるようです。

ツール

アイキャッチ画像、Lazy Load設定ができます。

閲覧を記録する対象者:全員、ログイン中のユーザのみ、訪問者のみ
ログ上限:無効、データ保存期間(●日)
ウィジェットをAJAX化:無効、有効
データキャッシュ:キャッシュする、キャッシュしない
キャッシュ更新間隔:分、時間、日、週、月、年
データサンプリング:無効・有効

リンクの開き方:現在のウィンドウ、新しいタブまたはウィンドウ
プラグインのスタイルシートを使う:有効、無効

パラメーター

wpp_get_mostpopular() と :
<?php
$args = array(
    'header' => 'Popular Posts'
);
wpp_get_mostpopular($args);
?>

[wpp] ショートコードと :
[wpp header='Popular Posts']

といった使い方ができるようです。

ウィジェット

ウィジェットにも追加されていました。

タイトル、最大件数、投稿タイプ、除外するIDなど各種設定ができそうです。

私が使っているテーマ「Amphibious」では赤文字で「WPP テーマを使用可能にするためには、ウィジェットを保存するかこのページを更新してください」とメッセージがでますが、保存やページを更新しても使えなかったです。

エラーメッセージに対応

「WPP テーマを使用可能にするためには、ウィジェットを保存するかこのページを更新してください」のエラーですが、WordPress Popular Postsの「パラメーター」を参考にしました。

その他に<br>{stats}のコードを加えたものにしています。

外観>ウィジェットの「テキスト」にショートコードをいれることで対応できました。

[wpp order_by='views' range='last7days' stats_views=1 thumbnail_width=100 thumbnail_height=75 post_html='<li>{thumb} <a href="{url}"> {text_title} <br>{stats} </a></li>']

コメント

タイトルとURLをコピーしました