初めて選んだ失敗しない万年筆

レビュー

ほとんどパソコンにタイプすることで、文字を書くことが少なくなっています。
無性に文字を書きたくなり、せっかくなので、いままで使ったことのない万年筆を使って文字を書いてみようとおもい、万年筆を選んでみました。

ライフスタイリッシュ
¥3,146 (2024/04/12 23:38時点 | 楽天市場調べ)

私が選んだ万年筆の基準

予算の設定

どのくらいの予算で万年筆を購入するか決めました。今回は3,000円くらいで探しました。

万年筆初心者なのでいきなり○万円するような万年筆は選べません。

  • もしかしたら万年筆が自分には全然合わなくて使わなくなってしまうんじゃないか
  • 購入時はよく使ってたけどすぐに飽きてしまうんじゃないか

そう思うと失敗してもいいくらいのお値段で購入するのがいいと思いました。

ペン先の種類

ペン先は「ニブ」っていうそうです。
ペン先の種類は、書き味やラインの太さに影響があります。極細、細、中、太、極太などがありました。
細目がいいなと思っていたので、細いものを探しました。
また、ペン先は「ステンレス製」と「ゴールド」があり、ゴールドは市なるようなので初心者の私は「ステンレス製」から始めようと思いました。

インクの種類

インクの補充方法、インクの色、を考えました。
補充方法はコンバーターと吸入式がありました。ここは万年筆を使ってる感を味わいたかったので、「吸入式」を選択しました。(ここが原因で手を焼きましたが・・)

*初めはインクも購入しないと書けません!私は後から知ったので、万年筆だけ先に届いたのですが、試し書きができず、インク到着まで待ち遠しかったです。笑

デザイン

華やかな万年筆がたくさんあったのですが、シンプルなものが良かったので、黒で装飾のないものを選びました。

黒き森 万年筆 細字 金属のギフトボックス Hongdian

サイズはキーボードに乗せるとこんな感じです。少し、重みを感じました。

ペン先です。ペン先もブラックです。

ペン先の裏側です。

インクを入れないといけないので、少し分解してみました。初めはペン先をインクにつけて補充するのかと思ってたのですが、違いました。黒い部分を外して、外したところをインクに少しつけて補充しました。

インク

SHIKIORIの「霜夜」というインクで、ブルーブラックを選びました。他にも色があり、万年筆を買い足した時に使ってみたいなと思ったので、こちらを選びました。パッケージデザインもおしゃれで素敵なので、気に入ってます。

試し書き

桃太郎の冒頭をほんの少し書いてみましたのでよかったら参考にしてください。

ライフスタイリッシュ
¥3,146 (2024/04/12 23:38時点 | 楽天市場調べ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました